教室での限界

学校の教室で学べることには非常に限界があります。
というのも、やはり受験科目重視の教育方法では、料理や、デザイン、そしてスポーツが得意な子供の長所が伸びにくい傾向があるからです。
主要科目ができる子供が優秀で、そういった科目は駄目だけれど、デザインは素晴らしい、ということになれば、もしかしたら将来はWEBデザインとか、イラストレーターになる可能性だってあるのですから。

もちろんスポーツに優れていれば、その道のプロを極める事だってできますから勉強だけが全てでは決してありません。
しかし、今の教育現場では、なかなか生徒毎の個性を見極めるような個別指導はむずかしくなっており、自分の個性が見いだせないままの子供が多いのかもしれません。

せっかくの才能をつぶさず、伸ばして上あげるために、大人のできることはまずは子供に自信をつけさせることなのかもしれません。
そのうえで何が好きかをよく聞いてあげることでしょうか。

Read More

自由に伸ばす個性

学校の勉強より、より技術畑に興味を持つ子もいて、ロボットの制作をしたり、パソコンに夢中になって、パソコン検定を受けるくらいの能力を持つ子供もいます。
基本的な勉強を教室でさせて、本人の希望を交えつつ、しっかり適性を見てあげることが教師にできることです。

自分が好きな分野の勉強は、やはり得意な事が多く、得意だと思えばより勉強もはかどるので、できればそのまま進ませてあげます。

時には自分の適性がまったく見えていなくて、あさっての努力をしている子供もいるでしょうから、そのような子供には、なんとなく、軌道修正を促すように指導して行くのが先生です。

親とともに、周囲の大人が、子供の適性や好きなことをさりげなく聞いてあげて、うまく誘導してあげられるとベストでしょう。
なによりも子供の可能性は大きいですから、いいところはほめて伸ばしてあげる事が大事です。
自分の良いところを自覚させ、より努力して、才能を伸ばしてあげることです。

Read More

本人の適性による教育

日本でも特別に才能がある子供は子供のうちに特別な学校に行く事もあります。
そしてそのような特別な学校、教室は日本だけではなく、海外のほうが顕著でしょう。
世界の国家主席の子女や億万長者、有名企業のCEOの子息が通う学校があるし、特別な英才教育を施す意味においては、日本よりも海外のほうが徹底しています。

他の人のすすめもあって、子供をそうした特別な学校に入れることを考える人もいますし、日本でなら、お受験や受験校にいれてから、日本の最高学府に入れることを目標にしている親も多いでしょう。

英才教育で才能を伸ばすのもあるし、子供のうちから同じような境遇の子供の間に身を置かせて人脈を築かせるという面もあります。
人付合いや将来の人脈は教室から、とばかり、限られた才能のある子だけを選んで特別な教育を施すという考えは、日本だとちょっと違和感がありますが、海外では当たり前の考えです。
日本も学歴による振り分けは一生涯続くので、同じようなものでしょうか。

Read More

個性による違い

個人個人にあった教育があるとはいっても、本当にその人それぞれで得意なこと、不得意なことがあるものです。
そして学校や教室だけでは分からない潜在能力もあるでしょうから、将来どのようにその人が成長していくのかはわかりません。
ただ好きな事、嫌いなことの他に、得意な事、不得意なこともあって、そう好きではないけど、自分にとっては簡単にできること、好きだけと上手くできないなど個人によってできることも様々です。
比較的自分にとって容易にできること、は得意なこと、好きな事になる事が多いでしょうから、まずは自分が得意なことを見極めましょう。

趣味性の高い書道が得意であるでもいいですし、それが仕事になるかどうかは別として、これなら他人に負けないものを学校、教室で見つけましょう。
それが自分に対する自信にも繋がるはずなのです。
仕事とは別に、そうした自分がやっていて楽しいことを見つけると、仕事や私生活で煮詰まっているときに非常に救いになる事は間違いありません。
趣味を大事にして、心に栄養をあげましょう。

Read More

才能と努力

人には生まれつきの才能があって、それはやはりお金では買えない物です。
天性の何かで一生やって行ける人もいるかと思うと、教室などに通って努力していてもなかなか上手く行かない人もいます。

努力に勝る才能なし、とはいっても、やはり生まれつきの差がないともいえません。
ただし、努力によってはいいところまで漕ぎ着けることはできるのです。
そのことはどんな人にも希望はあるということなのです。

才能があっても宝の持ち腐れ、または努力によってなんとか良い状態を保つなど、日々の研鑽によって、より技術や努力が才能を上回ることもあるかもしれません。
才能も努力も両方揃うことで、誰にも負けないスペシャリストになることも可能です。
資格試験や検定など、勉強しなくてもすらすらできてしまう天才はやはりいますが、凡人はなんとか努力し、そういう人に追いついて行くしか方法はありません。
世の中不公平ですが、それでも希望が無い訳ではありませんので、あきらめないでください。

Read More